26/11/2022
Breaking News

経験で高める注射スキル

患者の中には、看護師なら注射が得意なのは当たり前というイメージを持っている方もいます。
しかし看護師によっては、注射をする機会が少なく注射という行為に対して苦手意識を持っている方もいるのが事実です。
もしも注射の機会が多い職場で働くなら、注射に対して苦手意識があると働くこと自体が嫌になってしまう可能性もあります。
やりがいを感じながら仕事ができるように、苦手意識を克服する方法を考えていきましょう。
看護師が注射に苦手意識を持つ理由の1つが、注射をした経験自体が少ないことが考えられます。
日常生活の中で注射をする機会はなく、学校で必要なことは習っても、実戦経験が少ないことで自分の注射スキルに自信を持てない方もいます。

経験が少なく自信が持てないだけであれば、練習をして自信をつけることで苦手意識を克服できる可能性があります。
しかし注射スキルを高めるために練習をしたくても、患者を練習台にするわけにはいきません。
まずは人形で基本的なやり方を確認しながら練習し、少しずつ実践で経験を積んでいきましょう。
最初は注射が上手な先輩に指導してもらうことで、上手なやり方を身につけて注射スキルを磨いていくことも可能です。

験が少ないことであれば、最初から自信を持つのが難しいのは当たり前のことです。
何度も回数をこなすことで、苦手意識が薄れ注射にも余裕が出てきます。
慌てる必要はないので、練習を重ねて自分のペースで注射スキルを磨いていくことが大切です。