26/11/2022
Breaking News

多くの新人看護師が持つ悩み

看護師の仕事では、悩みを抱える人も少なくありません。
ベテラン看護師でも、悩みを抱えている人はいますが、業務に慣れていない新人看護師では、より悩みも多いのではないでしょうか。
新人看護師の悩みでは、職場での人間関係や、患者さんとのコミュニケーションが取りづらいことなどもあげられますが、業務に関する悩みを持つ人も少なくありません。
特に注射や点滴、採血などの業務は人の体に針を刺すことになるので、緊張する人は多いものです。
学生時代に注射の練習はしますが、最初は人形の腕や模型を使いますので、人の腕との違いでとまどうことは珍しくありません。
新人看護師では技術や経験が不足していることもあり、時には失敗してしまう人もいます。

新人看護師では、最初から注射が上手という人は少ないので、経験を重ねていくことが大事です。
より安心して仕事をするのであれば、先輩や医師にコツを聞いてみると良いでしょう。
新人向けの研修が充実している職場ならより安心して働くことができますので、どのような研修体制になっているのかも確認しておきたいところです。
採血セミナーや講義に積極的に参加することも上達につながります。
どうしても注射が苦手という人もいますが、そのような場合は注射や採血の頻度が少ない職場を選ぶという方法もあります。
注射の頻度が少ない職場は、訪問看護や回復期リハビリ病院、精神科などがあげられます。
こうした職場は健康管理が中心なので、医療行為は少なめです。